やっぱり生ハム原木よりも、「とりあえず生ハムブロック」をオススメしたい。【プロシュート編】




keikonbu

こんばんは、keikonbuです。

また買っちゃった。生ハムブロック。

前回は、スペイン産ハモンセラーノ1kgでしたが、今回はイタリア産プロシュート0.5kgに挑戦です。

ハモンセラーノの味や評価が気になる方は↓こちらの記事をチェックしてね!

ちなみに、今回購入したハムはこちらです。

それでは、最後までご覧ください!

生ハムブロック

過日のハモンセラーノ生活が相当楽しくて、今度はプロシュートを購入してみました!

500gで2000円前後。送料が1000円かかるけど、なんというお手軽な値段。

生ハム ブロック 500-549g【冷凍/冷蔵可】【drt】lab

台とナイフは、前回の物を使用してます。

一度セットを頼めば、その後は生ハムブロックだけを購入すればいいから楽チン!

そして、500gといえど結構ずっしりと量があるのがイイ感じですね。

成分表はこんな感じ。肉と塩しか入ってない。

めっちゃシンプル。



台に設置。

keikonbu

ん?これで、合ってる?

ど、どこ削るの?

設置はいいものの、この形だとどこから削ればいいのかイマイチ謎・・・。

しかも、柔らかい方を上にしたのですが、本当は上下逆だったみたい。(この後気づく)

なので、最初は手探りで削いでいきます。

絶対切り方間違ってるけど、それでも美味しい生ハム。

と、いうかなんか肉感が強い。

段々溶けてきて、肉の塊になってきました。

ここでようやく、「あ!硬い方から肉削ぐんじゃない!?」となって上下裏返し。

遅い、気づくの遅いよ!

旨さがまるで違う・・・

ようやく肉の塊から、生ハムらしい収穫ができました。

食べてみると驚き。

keikonbu

さっきと味が全然違う。

うっっっっっま。

全然味が違うの本当面白いです。ちょっとこの下の写真見てみてください。

手前の薄いピンクが、正しい生ハム。右隣の赤い肉塊が間違った削ぎ方をしたものです。

違いすぎる。違いすぎるよ!!

keikonbu

ちなみに、これもめちゃくちゃ美味しい。

だけど、ハモンセラーノよりも塩分が強くないかも。

つまり、モリモリ食べれます。二人で毎日晩酌して4日目で無くなったかな・・・(早い)

既にまた食べたい。あともうちょっと生ハムブロック生活をしたら、一度生ハム原木生活に挑戦してみてもいいのではと思っています。

ブログの趣旨がずれつつある。



購入した生ハムブロック

【イタリア】プロシュート

今回購入したのはこちら

柔らかく、塩気控えめの生ハム。脂が多めの印象です。

keikonbu

私は、脂多いハム好きなので、プロシュートが好き。

当然、身の部分はさらっとしてて食べやすさもあります◎

 

【スペイン】ハモンセラーノ

前回マイフレンドから頂いたのはこちら

プロシュートと違って、質感しっかり、酒がすすむパンチの効いた味です。

keikonbu

ハヤト(旦那)はこっちの方が好きって言ってた。

赤ワイン飲みたくなる味です。これもまた食べたいな。

以上、

どちらの生ハムも違った美味しさ・魅力があるので、ぜひ食べ比べしてみてください!

そいじゃまた!



 シェアお気軽にドウゾ!・ω・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です