2020年度ベスト酒/飯ランキング




(8/24更新)

ここでは超個人的また食べたいベストを厳選して紹介してゆきます。(ジャンルも好物も偏ってますけど)お店独自の物もあれば、お店で教えてもらった物も。

ベストは超えるものがあれば随時更新!もしオススメがあればバシバシ教えてください〜。それでは超個人的ベストランキングスタート。

ワイン

マルヴァジア フリッツァンテ セッコ カミッロ・ドナーティ 2018
(イタリア エミリアロマーニャ州 マルヴァジア 微発泡)

都立大学のワインバー「viola」で飲んだナチュラルスパークリング。驚きの美味しさ。乏しい経験の中ですが、こんなに美味い微発泡はじめてなんじゃないか?造り手カミッロ・ドナーティさんは発泡のお酒をメインに作られてるっぽいですね。どうやらこちら瓶内で二次発酵されてるらしく、その関係で品質の保持にすごく苦労されてるとか。お店で飲むと一杯¥1,000位。自分でボトルを買うと¥2,500〜2,900くらいです。

【6本〜送料無料】マルヴァジア フリッツァンテ セッコ 2018 カミッロ ドナーティ 750ml [微発泡白]Malvasia Frizzante Secco Camillo Donati [自然派][マルヴァジーア]
価格:2728円(税込、送料別) (2020/8/24時点)楽天で購入
ニビル ヴァイス 2018 
オーストリア辛口白

自由が丘にある「Trattoria motomu.N」で飲んだ、にごり系白ワイン。微発泡が飲みたいと言ったら「発泡していないけど、これがオススメ」といって出してもらいました。見た目通りのお味。こうゆうのが好きだからナチュラルワイン飲んじゃうんだよね〜!!って味です(どんな味)。美味しいんだよ!!

これは極少量しか生産していないらしいからネットだともう買えないのかな・・・?と思ったら私が飲んだ前年、2017年のものはまだ買えそうだった。いつなくなっちゃうかわからないので、早めに持っとくのをオススメします。

2017 メトード・アンセストラル 生産者 ニビル【オーストリア】【アフリカンブラザーズ】
価格:3960円(税込、送料別) (2020/8/24時点)

クラフトビール

ワン&オンリー ヘイジーIPA
(愛知県/Y.MARKET BREWING

ホムパしてた時に飲んで美味しくって、みんなで取り合いになったビール。ちょっとしか飲めなかった悔しい。果実味がすごくてまろやか程よくとろとろ。名古屋のブルワリーで作っていて、東京では手に入りにくいと聞きました。ネット販売はしてるみたいだけど。必飲。¥710+税。

生ハム

ラム肉のブレザオラ(エンジン/高円寺)

ブレザオラとは塩漬け・熟成された生ハムのこと。ラムってきくと癖が強そうって思うんですが、ここのは違います。ラム苦手でも食べれますよォ。食感がふわふわしてて、上にはチーズがやわやわかかっていて、こんなに優しい生ハムなかなかいないです。美味しすぎた。¥800だった気がする。

幻の黒豚『ネロ パルマ』の‟とろける生ハム‟ (Brio Kichen/都立大学)

最高級生ハム。なかなか出会えない代物。世界で数本位しか作れない最高級の原木を直談判して特別に卸させてもらってるって言ってました。なるほど。交渉が大変そうだ。その貴重な生ハムが食べれる事に感謝する。¥1,000也。

和食つまみ

レバー串塩(一慶/高円寺)

渋ダンディーマスターが焼いてくれるレバー。断然塩で食べるのがオススメ。レバー苦手だけどここのレバーは大好き。一つ一つちまちま食べて酒のあてにするのです。

レバ刺し(一慶/高円寺)

同じく高円寺、一慶のレバ刺し。ほんと、ここのレバーが好きなんでしょうね。臭みエグミがないんですもんね。このレバ刺しは飲めます。飲まないけど。お酒がすすむちゅるちゅるレバ刺し。

生うに刺(ひとひら/学芸大学)

料理あげろよって言われるかもしれないですけど、ひとひらさんが出してくれる生ウニ最高なんで。品質、価格、量、全て満足です。ひとひらさんの特徴、先端が細いお箸でついばむのもまた良いんです。メニューに載ってる時、頼まなかったことがない商品。¥1,000位。一生愛す。ひとひらは記事にアップしてるのでこちらもチェックお願いします!

あなごの白焼き(空海/都立大学)

いろんなお店で「穴子の白焼き」出してますけどね、私の乏しい経験から言わしてもらいますけどね、空海の穴子白焼きがいちばんうめえです。身が厚めでね、そりゃ穴子の獲れる地域とか超高級料理店で出す物とかに比べたら違うんでしょうけど、都内でサッと食べに行けるお店の中では抜きん出てる旨さだと思います。酒に合うんだ、これが。空海さん、ぜひ行ってみていただきたい!

洋食つまみ

生ウニのアッソラーレ(フジミドウ/西小山)

アッソラーレとは層状に作る冷たい前菜のこと。パプリカソース、じゃがいもピュレ、コンソメジュレ、それと生ウニがのっています。ウニはロシア産(ミョウバン不使用)。これがまぁバカうまい。自家製のパンにつけてもいける。忘れられないメニューです。¥1,350也。常時置いてるものではありませんが、こんなセンスの料理が他にもたくさんあるので行って損なし。

青森県産ニンニクのガーリックボンバーイェー(binwan/元住吉)

普通の使い勝手の良いバルかと思ったら、こんな攻めたメニューがあるなんて。にんにく丸ごと使用。一度揚げてから使ってるから臭みやエグミがないです。ほくほくな旨みしかない!結局ニンニクが一番ですわ。お値段¥1,250也。¥200足すと大盛りもできるよ。次の日が休みで、悪いことしたい人は是非行くのだ。

ちなみに三軒茶屋の「binwan 2nd」でもこのメニューは食べれるみたいです。

チーズ

テット・ド・モアンヌ(ネルソンズ/学芸大学) 写真左奥黄色いやつ

学芸大学ネルソンズで食べたチーズ。花びらのように削って食べるチーズ。スイスで作られたものらしい。ブルーチーズまでは強くない辛み、もったり感もあるんだけど、旨味甘みも感じる。塊で食べたらきついと思うけど、うすーく切ったものだとなんともいえないうまさ。専用機械がないと削れないので、お店で食べるしかなさそう。美味しいなぁ。

パン

ブール バゲットラビット(バゲットラビット/自由が丘)

名古屋に本店があり、自由が丘は2号店である。お店の一押しである「ブール」は誰もがこんなパン食べた事ないと驚くはず。みずみずしく、もっちり、しっとり。皆さんの想像をはるか上回るパンです。必食〜!ハードタイプのバゲットラビットもオススメ。こっちは数が少ないから売り切れになる事多し。要注意です。

以上、行ったことあるお店の超個人的ベストでした!これからも色々な所に行ってどんどん変動していくと思います〜!



 シェアお気軽にドウゾ!・ω・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です