BarHappydays(都立大学)ー 2軒目使いや、仕事終わりに一杯、紳士淑女が集まる憩いのスタンディングバー




(¥580~¥780/1杯)

ー Bar Happydaysに行った人 ー

ケイコ

わたし。

ワインとビール贔屓。

ハヤト

マイバディ。

バーに行くと、クラフトジンばっかり飲んでる。

都立大学駅から徒歩3分。bistro nidの近くにあるスタンディングバーです。

ガラス張りになっているので、中の様子がよく見えるんですが、やたらといつも盛り上がってます。

お客さんは近隣に住んでる方々で、落ち着いていながらもちょっとワイワイしてる感じ。でも、店内雰囲気はオーセンティックバーというギャップ。都立大学に、意外とこうゆうお店なかったよねっていうスタイルで目を引きます。

Bar Happydays

閉まっている時のお店
お店へ入る前はいつも少し緊張おばさん

nidでご飯を食べた時、ちょうど隣のHappyDaysの話になり、そのままお店へ案内してもらいました。nidもHappydaysも2019年オープンのフレッシュなお店。店員さん同士とても仲が良さそうで、思わずほっこりします。

Happydaysに入ったら、私たちの他にも、nidから来たお客さんがいたので、nidでフレンチを食べた後、Happydaysでカクテル〆は、都立大飲みの新しいスタンダードなのかもしれないですね。

クラフトジン縛り

さて、さっぱりとしたものが飲みたい。

バーでの一杯目(私自身はnidで飲んでるので4杯目くらい)はどうしてもジンソーダかジントニックになってしまいます。口をリセットさせたいし。

それも普通のよりかは、飲んだことがないクラフトジンを探してしまいがちです。なるべく、いろんな味を経験していった方が楽しい!という方針。

左:ジンソーダ 右:ジントニック

クラフトジン:樹久(JUJU)

ハヤトが頼んだのが、上写真左の濱田酒造、ジャパニーズクラフトジン【樹々(JUJU)】です。和風で渋いラベルが印象的。

こちらなんと、九州は鹿児島県産の力強いジンで、成分は本格米焼酎、柚子(国産)、ジュニパーベリー、ハーブ類と表記されています。そう、本格米焼酎使用っていうところが流石日本ですね。

飲んでみると、一番最初にガツンッとくるのが、焼酎感。ジンというかこれ、もはや焼酎なんじゃないか?と思ってみたりします。ジン×焼酎のこの感じ、一度飲んでみると強くなります(?)

↑ソーダ割りがオススメ!

ドライジン:チェイス GBエクストラ ドライジン

私が頼んだのは、の大きいリボンがついたイギリスのジンです。チェイス社の超定番モデルらしい。(以前、どこかでクリスマス限定って見た気がしたけど気のせい…?)

ネットで探して見たけど、やっぱり品切れが多かったです。もし、お店で見かけたら飲んで見てください。味は飲んでみてのお楽しみ!(正直に言うと覚えていない…)

ドライジン:タンカレー ラングプール

安心と安定のタンカレーシリーズ

2杯目もジンで、タンカレーのラングプールを選びました。

柑橘系でフレッシュ感がマシマシ。玄人じゃないから、繊細に違いはわからないけど、とにかく美味しいので全て良しなのです。

ちなみに、ラングプールとは、オレンジの皮、タンジェリンのようなサイズと形で、ライムの風味を持っている酸味の強い柑橘系の事らしい。だから普通のタンカレーよりもライム感の強い味わいと思っていいかもしれないですね。

オススメ飲み方は、ストレート、マティーニ、ジントニックなど。

ドライジン:フェルディナンズ ザール ドライジン

最後に飲んだのは、ドイツのドライジン

成分ですが、ベーススピリッツ(ライ麦、小麦、スペルト小麦)+ジュニパー、ラベンダー、バラ、西洋カリン、ヴィンヤードピーチ、リースリンググレープ等33種類のボタニカルと書いててありました。香り華やかじゃないはずがない!(笑)

普段、ドイツのジンって普段あまり飲まないんじゃないでしょうか。カクテルはもちろん、キンキンに冷やしてストレートで飲むのも結構人気あるらしいですよ。

途中、ナッツを食べてたらお客さんのお土産、じゃがポックルをいただいてしまいました。優しい…。しかも初めて来た私に、色々気にかけてくれてたし、お客さんたちもマスターも優しい!かなり柔らかく受け入れてくれる感じなので、通っちゃう気持ちがよくわかります。

以上、三杯飲んで〆ました。満足です!!

BarHappyDays ー どんな時・人と行くのがオススメ?

・都立大で飲んだ2軒目や、仕事帰りにサッと寄りたい

・一人で行くのも○、何人かで行くのも○で場面を選ばない

お酒が¥580〜¥780という異常なコスパ

高いクラフトジンとかでもそんなお値段です。安い、安いぞお…!!!

・ショートカクテルもワインも有

スタンディングバーなのに、しっかりショートカクテルも飲めるのは最強です。

・飲みすぎない(立ってるから)

これ、意外と大事。スタンディングバーなので、潰れるまで飲む事はありません。足の限界が来たら自然と帰りたくなるので、本当に素晴らしい(笑)。

ちなみに、お客様は都立大学周辺にお住いの方が多いです。マスターは30歳前後でお若いですが、落ち着いた方で、そのせいか年齢層は20後半〜40代が多いイメージ?紳士淑女が、集まっております!

もし、都立大学に引っ越して来て、友達がいない…とか寂しい思いをしている方いましたら、ぜひ行ってみてください。一気にホームになります。それくらい、馴染みやすい良いお店でオススメです!

気にすると良いところ
・店内コンパクトなので入れない事もありそう ・完全スタンディングなので足が疲れてる時はNG ・フードはほぼない ・混み具合によって隣の人との距離が近い 
ケイコ

2019年オープンの新しいお店なので、新規客も行きやすいです。都立大学駅に引っ越したばかりの人は、行ってみて街のことを聞いてみると安心できそう。

後は、ぜひbistronidでディナー、からのHappyDaysでカクテル〆をやって欲しいですね!パーフェクトナイトになる事間違いなし!

お店情報

店名  :Bar Happy Days (バー ハッピーデイズ)

instagram facebook

営業時間:19:00ー3:00

定休  :日曜

住所:目黒区八雲1-5-2オーラム都立大1階




 シェアお気軽にドウゾ!・ω・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です