VIOLA(都立大学)ー おそらく今年1のワインと出会ってしまった




(¥3,000~)

まだ夏なのに。

都立大学駅南口を出て自由が丘方面へ徒歩3分。女性店主が一人で切り盛りするワインバーviolaがあります。お世話になった人から、ワイン好きが都立大飲みするならviolaがオススメと言われてたので行ってみる事に。店主が女性なので女性おひとりのお客様も多いみたいです。

ハヤトよりも少し先に行き、飲んで待つ事にしました。一人で飲むのは超久しぶり!というか目黒区引っ越してから初めてだ・・・!(驚き)

VIOLA(ヴィオラ)

明るい時間のviola。

線路の向かい。緑がたくさんで、外観はまるでカフェみたいな可愛らしさと落ち着きです。

ライトアップviola。

夜になると少し格式が高く見えます。店内の綺麗な作りが見えるからでしょうか。普段見てる限りだと、お客様は40前後〜のイメージです。一人で来てる人が多い印象。

ホテルみたい

中に入るとホテルのバーみたいで思わず姿勢を正します。洗練されたシックな内装、家具。BGMはジャズ?ヒーリング?とても静か。

夜な夜な通って、ここでその日の気分でワインを選ぶ、そんな大人の時間が過ごせてしまう予感。

と、思いつつも、久しぶりの一人飲み、初めて行くバー、しかも最近人と話してなかったので、急に緊張しだす私。マスターは自立した大人の女性で、物の良し悪しがわかる審美眼を持っていそうに見える。仕事できそう。常連さん達にとても大切にされていそう。ちゃんとしてない人代表の私とは真逆だわ・・・(被害妄想)。

店内のお客さんは私だけ。

メニュー表

泡メニュー
ドキドキしながらメニューをみる私
白メニュー
赤メニュー

ワインは¥700〜¥1,100まで。自然派ワインのバーとなると一杯1,500前後とかありそうなのに、抑えてもらってるのはありがたい。これくらいがいいです。値段に左右されないで、製造元とか味わいとかで選べるのが嬉しい。

ワインバーに行く時いつもちょっと嫌だなと思うのが、メニュー表がなくて、製造の情報も価格もわからずに店主にお任せする事です。それがバーではスマートだと思うけど、価格と味を意識しないで飲む事になるので苦手です。美味いか美味くないかでしか飲めないし。

その点、violaは紙面で色々見て迷った上で、マスターにおすすめを聞けるので、最高です。

1杯目:ロゼ泡

ロゼ イタリア/カラブリア州 (¥900) 
色薄めの にごり系やさしいロゼ

いつも白の泡スタートが多いので、ロゼ泡にしてみました。抜群に美味い。優しい口当たり。欲しかったロゼの味とシュワっと感に満足。しかもこのワイングラスが、香りを感じやすいし、丸くて可愛い。これ、欲しいぞ?

お通し 生ハム+メロン

お通し 生ハムとメロン

お通し。生ハムとメロン。今まで生ハムメロン否定派だったけど、撤回します。物凄く美味しい!!思わずインスタのストーリーにアップ。ハムがいいのか?メロンがいいのか?相性の良い品種どうしがあるのか?わからないけど美味しいです。お通しでこれとは、レベルの高さが伺えます。

他のも食べたい。

メニュー

ここはパスタが美味しいらしい。あとで食べれたらいいなと思いつつ、とりあえずチーズ好きにはたまらない「焼きモッツァレラ」を注文します。名前を見ただけでワインを飲めそうです。

職場から走ってきたらしい

ここでハヤトが滝のような汗をかいて到着。湿気すごいもんね。髪の毛くるくる。ドリンクを頼んで乾杯です。

2杯目:微発泡/白

2杯目 出会ってしまった・・・

おそらく今年1好きなんじゃないだろうかっていうワインに出会う。「マルヴァジア フリッツァンテ セッコ カミッロ・ドナーティ 2018」。イタリアはエミリアロマーニャ州、品種はマルヴァジア、微発泡の白です。これを作ったカミッロ・ドナーティさんの他のも飲んでみたけど、この白が一番好き!

う れ し い

なんでだろ。泡よりも微発泡の方が好きなのかも。甘いとか甘くないとかじゃなくて、ほんのり癖がある感じ?爽やかまろやか後味スッと消えるのが良い〜!!皆さんもこの子に出会う機会があればぜひ!私は好きです。帰宅後、即ネットでボトル購入しました(笑)。

1品目:焼きモッツァレラ(¥600)

焼きモッツァレラ(¥600)
もちもちカリッとしておる〜
宴の様子

好みのワインを置いているお店は、料理も自分の好みである事が多いと聞いた事がありますが、その通りだと納得。うんうん、良いおつまみ。

2品目:真鯛のローズマリー風味マリネ(¥800)

真鯛のローズマリー風味マリネ(¥800)

3品目:仔羊と野菜の煮込み(¥1,300)

仔羊と野菜の煮込み(¥1,300)

仔羊の美味しい癖だけ残ってる。うめうめ。

美味しい白を飲みきって、じゃあ次は赤にするか、と。シチリアワインがあったので、なんとなく選んでみました。

3杯目:赤

テッレ シチリアーネ ヌース 2018(¥900)

右のやつです。これが私にはキツかった!アルコール感、ちょっとテキーラみたいに感じます。濃厚さがきつい!ワインを飲んでこんなにうおおおおおって熱くなったのは初めてかもです。

ちょっと大げさだけど、
強烈でビックリしたのは確か。
ハヤトに交換してもらったw

ワインで初めてギブアップして、ハヤトと交換してもらいました。おもしろ。苦手なワインの味とか久々に認識できて嬉しくもあります。好きなワインも苦手なワインも味わえるなんて、ワインバーの醍醐味!笑

ジャンルの振り幅がすごいなって思いました。大抵のワインバーが、飲みやすいもの、万人受けする美味しいワインを揃えているイメージが強い中、この攻めっぷりは超絶嬉しいです。楽しいw

4品目:フライドポテト(¥600)

フライドポテト(¥600)
厚切りィ

パスタが食べたかったけど、ポテトのボリュームが結構あったので、ここで本日終了です。食べた食べた〜。

ちなみに別の日行った時も、なぜかパスタは食べずに他のを頼んでしまった(なぜ)。写真がこちら。

小あじのカルピオーネ(¥700)
カルピオーネとは”南蛮漬け”のイタリア語らしい。エスカベッシュと同じ意味だけど、そっちはフランス語か。

これも美味しかったです。大満足!次こそパスタを食べにいきます!笑

viola ー どんな時・人と行くのがオススメ?

実は最初伺った時、静かさに馴染めず相当緊張してしまった私。ワインも料理も大好きだけど、お店の雰囲気は肌に合っていないのかなと思っていました。でも、好きなワインに多く出会えた事、料理も美味しかったし次はパスタを食べたいと思ってる事、あとあの静かさも慣れると良いかも〜と思い出した結果、また行きたい欲が。

つい最近また行ったけど、やっぱり行けば行くほど好きになるお店だと認識しました。ワインと料理を楽しみたい、ワインに集中したい、仕事終わりにサッと一人で寄りたい、そんな時に使ってみるのがオススメです!

2軒目とかに行くのもいいけど、店内が静かなので、酔うと声が大きくなったりテンションが高くなる人は避けた方がいいかも笑。

ポイント
・女性マスターが一人で切り盛り ・店内静かで落ち着いている ・ワイン好きの為のバー ・お客年齢層は少し高め 
ケイコ

ワインに集中できる静かなバーです。そして幅広いワインの味の違いを学べる特別な場所。行くなら一人か二人でしっぽり!

お店情報

店名  :viola(ビオラ)

食べログ Retty

営業時間:18:00-翌1:00

定休  :月曜

住所  :東京都目黒区中根2-14-18 シャンボール都立大1F



 シェアお気軽にドウゾ!・ω・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です