【奥多摩】2021年最新トレンド、VERTERE(バテレ)クラフトビールとBBQ。




ケイコ

アロハ〜〜〜!

どうも、keikonbuです。

令和、クラフトビールがアツいです。

まあ随分前から人気ですが、ファンがどんどん増えていってるように思います。

なんというか、ビールオタク達の手を離れ、おしゃれピープル達に浸透していってる気がしませんか?ビールとアパレルがコラボする時代ですからね、注目株ですよ。

さて今回は、

そんなおしゃれピープル達必見の人気クラフトビールをご紹介します。

美しいビジュアル、ロケーション、そして大自然に囲まれて飲みたい爽快さ…

全てがデザインし尽くされています。

奥多摩のブランド価値が一層あがってしまった、そんなビール。

ケイコ

奥多摩旅の新定番、

クラフトビール【VERTERE(バテレ)】

ぜひ最後までご覧ください!

VERTERE(バテレ)

奥多摩といえば、バテレ。

奥多摩行くというと「買ってきて!」と言われるバテレ。

なんと、奥多摩駅の目の前で缶を購入する事ができます。

立地が良すぎますね!

店舗デザイン、シンプルスタイリッシュ。

バテレのデザイン性の高さよ…!

お客さん絶えないけど、皆サッと買ってゆくので、ほぼ並ばずに買えました。



ラインナップ多し!

思ったよりも、ビールの種類が多くて、選びごたえあり!

定番、変わり種、色々あるよ〜。

バテレを愛おしそうに抱えるハヤト。

合計6本買いました。買いすぎ。ハリキリすぎ。

価格は一缶800〜1000円前後

都内のクラフトビール販売店だと、もっと上乗せされてたりするので、やっぱり直売店はいいよね。

この2本はお土産用。

奥多摩の川沿いでぜひ乾杯してほしい。

さて、バテレを買ったら川沿いへGO。

川辺は広いので、なるべく人と接しない場所を選びましょ!

良い景色。

それにしても、奥多摩はなぜこんなに外国人が多いのだろうか。

ヨーロッパ系、東南アジア系、多し。日本人の方が少なかった。なぜ。

ゲストハウスの人が言うには、コロナになってから奥多摩にくる外国人の方が激増したらしい。

なぜ。なぜなんだ。



川にきたらやることNo,1

バテレ持って、川沿いきたら絶対やりたいのがこちら。

奥多摩の冷たい水にビールを浮かべ、写真を撮ること。

どうでしょう、これ。

最高にフォトジェニックが爆発してませんか、これ。

ミーハーでたまんねー!

携帯落とさないように注意してね。

これ、めちゃくちゃテンションがあがりますし、

水がアホほど冷たいのでビールもちょっと冷えます。

キラキラしてるの…。

日頃目が死んでる人も、これを見たら視力あがる事間違い無し。

奥多摩へ最大限のリスペクトを送りましょう。

これが本当の”映え”やぞ。

【お気に入り】0.05とFrench Hop Saison、ウマイッ!

ある程度、記念撮影をしたら早速グビグビ飲むべし。

みーんな、BBQしながらバテレ飲んでます。

ちなみに、6本飲んだ中で一番気に入ったのがこの二つ。

0.05
French Hop Saison

どちらも最高に爽やかながら、ほどよくコクもあり、乾杯ドリンクにふさわしい味でした。

バテレはゴキュゴキュいけるお水系ビールが多めなので、暑い日にお外で飲んで欲しいですね。そうすると美味さも倍増。



BBQ現場

奥多摩、いいところ…。

自然を味わいつつ、しっかりとゴミ掃除などしてゆきましょうね!

ビールお持ち帰り。

残った分は、当然お持ち帰りして、晩酌に使う。

3日程毎日バテレ飲ませていただきましたが、やっぱり0.05とFrench Hopが一番好みだったな。

皆さんもぜひ、いくつか飲み比べして好みのバテレを探しみてくださいネッ!

Anfracta Session IPA
West Coast IPA
Imperial IPA

以上、

バテレビールのご紹介でした。

ケイコ

バテレビールを見るたび、どんな味なんだろ〜と気になっていたので

奥多摩で飲めて幸せでした〜〜!

帰ってきて、自由が丘のNew Valleyでもバテレ販売してると聞いて、ギョギョッとなりましたが。笑

でも、奥多摩の大自然の中で飲むのは格別なので、やっぱり飲めて良かったです!

皆さんも、ぜひバテレビールに挑戦なさってくだされ〜!

お店情報

店名  :VERTERE BREWERY&TASTING ROOM (バテレ)

公式サイト instagram Facebook

住所  :東京都西多摩郡奥多摩町氷川211



 シェアお気軽にドウゾ!・ω・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

keikonbuイラストレーター
1991年秋生まれ。 元玩具デザイナー。 今はイラスト屋。 川越、野方、都立大学を経て、奥沢暮らし。 ナチュールとドードー鳥が好き。 酔いどれくそお姉さんです。 お仕事のご依頼は下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。